国際・政治ワールドウオッチ

べラルーシ 初の原発完成も先行きに暗雲=前谷宏

    「原始力大国」化を喜ぶルカシェンコ大統領 (Bloomberg)
    「原始力大国」化を喜ぶルカシェンコ大統領 (Bloomberg)

     旧ソ連のベラルーシで初の原子力発電所「ベラルーシ原発」の1号機が完成し、11月から試験送電を開始した。建設中の2号機と合わせて2022年までに商業運転を開始する予定。ルカシェンコ大統領は「ベラルーシが原子力大国になる歴史的瞬間」と喜んだが、先行きには暗雲も漂う。

     露メディアによると、11年に建設が始まった同原発で作った電気は当初、電力不足に悩むバルト三国への供給が見込まれていたが、原発の立地が国境から約…

    残り307文字(全文511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事