国際・政治ワールドウオッチ

トルコ ユニコーン輩出に国が支援=簑島大悟

     トルコのスタートアップは着実に成長の道を歩んでいる。政府も2023年までに最低10社のユニコーン企業の誕生を目指す目標を掲げ、資金提供などでスタートアップの支援に意気込んでいる。これまでは国内消費市場向けのEC(電子商取引)やフィンテックが主流だったが、ヘルスケア、エネルギー、農業、テック系企業にも広がりを見せ始めた。

     最近の注目は、ヘスルケアのスタートアップだ。ウィーウォーク社が開発する視覚障害者向けの「スマート白杖(はくじょう)」=写真=は、超音波センサーで障害物を検知・警告できる。海外からも高い評価を受けている。また、グラコレンズ社が開発するコンタクトレンズは、埋め込んだセンサーから、眼圧の変動状況を24時間、正確にモニタリングできる。これによって緑内障の診断精度が向上するという。

    残り138文字(全文487文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事