資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

「シェール革命」のインパクト 天然ガスは50年以上枯渇しない/34 

    米テキサス州のシェールガス・オイルの採掘リグ。米国は「シェール革命」により天然ガスの輸出国になった (Bloomberg)
    米テキサス州のシェールガス・オイルの採掘リグ。米国は「シェール革命」により天然ガスの輸出国になった (Bloomberg)

     エネルギー関連のキーワードに「シェールガス」がある。シェール(頁岩(けつがん))から採取される天然ガスのことだが、石油や石炭と同様に、世界の主要な「化石燃料」の一つとなっている。

     シェールガスの成因は太古の海にある。プランクトンなどの有機物が、死後に腐食物質(ケロジェン)に変化して地下に埋没した。これらが地熱と高圧によって化学変化し、有機ガス成分が岩石の隙間(すきま)にたまった。よって、はがれやすい性質を持つシェールに閉じ込められている大量のメタンガスを、大規模な掘削によって採取する。

     2000メートルを超える深部にある頁岩は粒子が細かいため、ガス分を取り出すことが長らく困難だったが、2000年代後半から技術革新によって安価での採掘・採取が可能になった。特に、米国内で大量に見つかったことで天然ガスの需給が劇的に変化し、「シェール革命」と呼ばれるようになった。米国は現在、天然ガスの輸出国となり、日本は18年以降、米国産LNGの輸入を本格的に開始した。

    残り898文字(全文1329文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事