国際・政治ワシントンDC

次期国務長官に国際紛争の積極介入派=古本陽荘

    「世界の警察」が復活するか(ブリンケン次期国務長官)(Bloomberg)
    「世界の警察」が復活するか(ブリンケン次期国務長官)(Bloomberg)

     1月20日に発足する米国のバイデン次期政権の外交や安全保障政策がどうなるかを予想する議論が活発になっている。新しい大統領が就任するたびに見られる光景だが、実際には予想が難しく、当初の想定から大きく外れることも少なくない。

     バイデン次期政権について言えば、明確なのは、トランプ政権が「アメリカ・ファースト」を掲げた結果として、きしんだ同盟国や国際機関との関係修復を急ぐことだろう。上院議員時代に外交委員会の重鎮として世界中を飛び回った経験から、国防総省よりも国務省を重視する姿勢も鮮明になるだろう。

     米国の針路について、政権のかじを握ることになりそうなのが、バイデン氏の20年来の側近のアントニー・ブリンケン次期国務長官だ。上院やホワイトハウスでバイデン氏に仕え、2人の信頼関係を疑う声はないと言っていい。

    残り931文字(全文1284文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事