国際・政治注目の特集

中国からの生産移管 最有力先のベトナムに死角 米国の為替操作国認定で=酒向浩二

 2020年は、米中貿易摩擦の先鋭化に加え、新型コロナウイルス禍で、中国に生産拠点が集中するリスクが露呈した一年だった。その中国からの生産移管先で最有力になっているのが、コロナ禍をいち早く克服し、人件費は中国の半分以下で政治的にも安定しているベトナムだ。しかし、米財務省が12月16日にベトナムを制裁措置の対象となる「為替操作国」に認定したことで、この安定した移管先にも「死角」があることが顕在化した。

 為替操作国は、(1)米国の貿易赤字200億ドル(約2兆円)以上、(2)経常黒字が国内総生産(GDP)比2%以上、(3)為替介入が6カ月以上──の3条件を満たすと認定される。ベトナムは長らく、うち二つに抵触する「監視国」であったため、いつ認定されてもおかしくはなかった。それでも、貿易摩擦の先鋭化で19年8月に認定された中国との貿易規模の差は明白で、認定の可能性は低いと見られてきた。

残り612文字(全文1005文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事