国際・政治東奔政走

五輪後の秋に総選挙か 求心力低下で「菅降ろし」も=人羅格

大人数で会食し陳謝した菅義偉首相。求心力を維持できるか(首相官邸で2020年12月16日)
大人数で会食し陳謝した菅義偉首相。求心力を維持できるか(首相官邸で2020年12月16日)

 2021年は衆院議員の任期満了を10月下旬に控え、年内に必ず衆院選が行われる。新型コロナウイルス感染は終息をみず、菅義偉首相は解散権の行使もままならぬ状況だ。事実上の任期満了選挙となる「秋決戦」が現実味を帯び始めている。

 ひとつ歯車が狂うと次々と想定できない失策が重なり、深みにはまっていく。そんな悪循環が政権を襲った20年末だった。

 コロナ対策を巡り「経済重視」へのこだわりから対策が小出しになった。世論の反発に追い込まれる形で「GoToトラベル」キャンペーンの一時停止に追い込まれ、夜の会食やニコニコ動画での「ガースーです」とのあいさつが批判を浴びた。政権発足当初は約7割あった内閣支持率は各種世論調査で4割台に急落してしまった。

残り1687文字(全文2005文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事