国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル 歴史的施設の民営化に物議=松本浩治

イビラプエラ体育館の外観 筆者撮影
イビラプエラ体育館の外観 筆者撮影

 サンパウロ州知事のジョアン・ドリア氏が打ち上げた、複合スポーツ施設の民営化構想が物議を醸している。

 対象となったのは、サンパウロ市民の憩いの場であるイビラプエラ公園に隣接する、イビラプエラ体育館を含む複合スポーツ施設だ。施設の面積は9万1000平方メートルに及び、体育館、陸上競技場やプール、柔道場などのスポーツ専門設備のほか、五輪候補選手が強化訓練を行う宿泊所も設置されている。

 構想では、体育館の建物を利用したショッピングセンターをはじめ、2万人収容の多目的アリーナ、ホテルを併設した商業タワーやフードコートなどを整備。民営化によって、州政府がこれまで負担してきた年間1500万レアル(3億円超)に及ぶ維持経費の捻出を民間に移譲したい考えだ。

残り190文字(全文514文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事