国際・政治ワールドウオッチ

インド タマネギ生産者 輸出禁止措置に抗議=中島敬二

    インドは世界2位のタマネギ生産国 (Bloomberg)
    インドは世界2位のタマネギ生産国 (Bloomberg)

     商都ムンバイのある西部マハラシュトラ州のタマネギ生産農家たちが、政府が実施しているタマネギ輸出禁止措置の解除を求めていると現地メディアが伝えた。政府は2020年9月、供給量不足による価格急騰を抑えるためタマネギ輸出を禁止した。タマネギはインド料理には欠かすことができない必需食材であり、品不足になると急騰する。タマネギ泥棒が度々逮捕されるほどだ。

     インドは中国に次ぐ世界2位のタマネギ生産国で年間2200万トンを生産している。うち国内消費は1500万トンで、700万トンを輸出している。なのになぜ、インドでは定期的にタマネギ不足となるのか。

    残り225文字(全文496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事