国際・政治ワールドウオッチ

英国 運賃値上げで通勤者に重い負担=竹鼻智

    私鉄各社は新型コロナによる利用者減を理由に更なる値上げを計画する (Bloomberg)
    私鉄各社は新型コロナによる利用者減を理由に更なる値上げを計画する (Bloomberg)

     電車を利用してロンドン市内の会社へ通う通勤者への金銭的な負担が増している。国鉄として運営されていた時代は評判の良かった電車だが、1994年に民営化へかじを切って以来、評判は悪化の一途をたどっている。

     不評を買っている主たる理由は、毎年行っている料金の大幅な値上げだ。IT・通信業界でキャリアを築いてきたブライアン・ネスビットさんは23年間、自宅のあるラグビーという英国中部の街からロンドンへ1…

    残り296文字(全文493文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事