教養・歴史アートな時間

クラシック 受難楽の夕べ2021 ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京=梅津時比古

    ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京 ©Hisakazu Kazama
    ハインリヒ・シュッツ合唱団・東京 ©Hisakazu Kazama

    コロナ禍の時代に欲される めったに聴けない受難曲

     12、13世紀以降、ヨーロッパでは無数の受難曲が作られた。日本とヨーロッパの音楽的環境の違いの最も大きなものは、さまざまな受難曲を日常的に聴けるヨーロッパと、めったに聴けない日本との差にあるだろう。

     キリストの受難を描く受難曲は、成り立ちから言って、精神的に真摯(しんし)な、深いものが多く、コロナ禍の世界で、まさに聴くことが欲されているのではないだろうか。

     もちろん日本でも受難曲の優れた演奏を聴くことができる。鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハ《マタイ受難曲》などはその最たるものであろう。

    残り949文字(全文1231文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事