教養・歴史アートな時間

映画 Mank/マンク 粘り強い描写で炙(あぶ)り出されるハリウッド黄金時代の秘話=芝山幹郎

     カリフォルニア州サンシメオンにあるハースト城には、2度訪れた。最初は空疎な観光地と思ったが、次に非公開の深奥部を見せてもらったときは、さすがに妖気を感じた。「市民ケーン」(1941年)に潜在する悪徳もじわりと伝わる。

    「Mank/マンク」の主人公は、「市民ケーン」の脚本家、マンクことハーマン・マンキーウィッツ(ゲイリー・オールドマン)だ。酔いどれで賭博好きの中年男だが、製作元のRKO映画に全権を委ねられたオーソン・ウェルズに指名されて脚本の執筆に取りかかる。40年、彼は砂漠のコテージに缶詰めにされ、60日の猶予が与えられる。

     映画は、30年代と40年代を振り子のように往来する。才筆のマンクは、当時MGMを主戦場としていた。ハリウッド黄金期とあって、出てくる顔ぶれは凄(すご)い。ベン・ヘクト、ジョージ・コーフマンといった有名脚本家はもとより、MGMの帝王ルイ・B・メイヤー、その片腕のアーヴィング・タルバーグ、マンクの実弟で、のちに名監督として知られるジョセフ・L・マンキーウィッツといった大物が続々と登場する。そしてもち…

    残り770文字(全文1235文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事