教養・歴史アートな時間

舞台 舞台「Oslo(オスロ)」 中東和平交渉描く話題作 米政権交代期に本邦初演=濱田元子

テリエ・ラーシェン役の坂本昌行(中央右)、モナ・ユール役の安蘭けい(同左)
テリエ・ラーシェン役の坂本昌行(中央右)、モナ・ユール役の安蘭けい(同左)

 バイデン米大統領の誕生で、中東政策の行方にも注目が集まる。その焦点の一つが、聖地エルサレムの帰属などイスラエル寄りの姿勢が際立ったトランプ政権下で、大きく道を踏み外した中東和平交渉の再開だろう。

 そんな中で、中東和平交渉を題材にしたJ・T・ロジャースの「Oslo(オスロ)」が日本初演(小田島恒志・小田島則子訳、上村聡史演出)されるのは何ともタイムリーだ。

 1948年のユダヤ人によるイスラエル建国以来、激しく対立してきたイスラエルとパレスチナ。87年にはイスラエルに占領されたパレスチナの民衆蜂起、インティファーダが勃発。パレスチナ問題の解決を求める国際的な世論が高まった。

残り937文字(全文1226文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事