【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第126話 欧州大戦勃発=板谷敏彦

(前号まで)

 ジーメンス事件により山本権兵衛内閣が総辞職、是清も大蔵大臣を辞任する。山県有朋ら元老たちは大隈重信を担ぎ出し、第2次大隈内閣が発足した。

 大正3(1914)年4月16日、第2次大隈重信内閣が発足した。

 大隈が首相と内務大臣を兼任し、立憲同志会(以下同志会)党首の加藤高明が外務大臣を、山県系の官僚で新たに同志会に入党した大浦兼武(かねたけ)が農商務大臣に就任した。

 また第3次桂内閣でもわずかの期間だが大蔵大臣を務めた同志会の若槻礼次郎が蔵相に帰り咲いた。若槻はこの時、それまで冷や飯を食わされていた大蔵官僚で、後に首相になる浜口雄幸を大蔵次官に登用した。

残り2476文字(全文2761文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事