週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

バブル期とは正反対の日銀=市岡繁男

     本誌1月12日号「機関投資家の2021年株価予測」によると、今年の株価高値は3万円超とみる機関が大多数だった。これほどの強気見通しは1989年末以来だろう。当時、筆者は運用部門の同僚に、半年後の株価予測を聞いたが、40人中、38人が4万円以上と回答したものだった。

     このように運用関係者の株価見通しはバブル末期と瓜(うり)二つだが、通貨の番人=日銀のスタンスは正反対だ。「平成の鬼平」こと、日銀の三重野康総裁(当時)は金利を上げてバブル経済を潰したが、今の日銀は株価…

    残り351文字(全文585文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事