週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

FRBの国債買いが終わる時=市岡繁男

     2020年、世界で2番目に上昇した株式市場は韓国株だった。その韓国株はこの数年、日経平均株価のほぼ10分の1の数値で推移。それが年明け後は3000ポイント台を一気に突破し、日経平均の3万円超えを示唆する動きだ。内外とも株価上昇が止まらない理由は、市場参加者が「中央銀行が国債を買い続ける以上、金利は上がらない」と見ているからだ。だが本当にそうなのか。

     18世紀後半以降の米長期金利を見ると60年周期で動いていることがわかる(図1)。超長期の景気循環=コンドラチェフのサイクルは金利のサイクルでもあったのだ。1981年から始まった金利低下局面は今年で40年目、相場サイクル的にはいつ金利が反転してもおかしくない。

    残り270文字(全文576文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事