【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

テクノロジーガソリン車 ゼロ時代

成長分野1 パワー半導体 2030年に4兆円市場 東芝、富士電機が巨額投資=和島英樹

世界シェア上位には日本企業が多い(Bloomberg、共同通信)
世界シェア上位には日本企業が多い(Bloomberg、共同通信)

 電気自動車(EV)シフトで高成長が期待できるパワー半導体は、電力(直流と交流)や電圧の変換などに使われる。高い電圧、大きな電流を扱っても壊れない構造を持っており、EV向けには、主にモーターの制御が用途として挙げられる。モーターを低速から高速まで高精度で回すことでEVの性能を上げるだけでなく、効率よく動かすことで省エネ・省電力化にもつながる。

 富士経済の予測では、世界のパワー半導体市場は2019年の2兆9141億円に対し、20年以降は、自動車、電装分野と鉄道車両分野向けを中心に需要が拡大し、30年には4兆2652億円に達する(図)。また、仏ヨール・ディベロプメントの調査によれば、19年のパワー半導体の世界売上高は独インフィニオン・テクノロジーズが約35億ドル(約3600億円)と圧倒的で、2位は米オン・セミコンダクターで約20億ドルとなっている。上位は海外企業だが、トップ10まで眺めてみると、日本企業が5社入っている。上位から順に、三菱電機(5位)、ローム(6位)、東芝(7位)、ルネサスエレクトロニクス(8位)、富士電機(9位)で、売上高は約5億~10億ドル程度。半導体ではほぼ淘汰(とうた)された日本だが、パワー半導体での存在感は大きい。

コンデンサーで強い村田

 現在のパワー半導体の主力はSi(シリコン)ウエハーを用いたものだが、EV向けとして、炭化ケイ素(SiC)や窒化ガリウム(GaN)などのウエハー材料を使った次世代のパワー半導体の開発が進んでいる。日本企業は、特に有望なSiCに強みがあるとされており、30年の世界市場規模は、2009億円に達すると予測されている。またパワー半導体はきめ細かい製造技術装置も必要不可欠で、この分野では東京エレクトロンやディスコ、アドバンテストなどが高いシェアを有する。

 企業側も、ここにきて車載用パワー半導体の増産に相次いで乗り出してきた。東芝はこれまでの送配電設備向けの電力変換装置用途に加えて、EV向け需要を開拓。23年度までに約800億円を投じて、石川県の工場で生産能力を3割増やす。富士電機も23年度までに国内外で1200億円を投資し、自動車向けパワー半導体の売上高を現在の35%から、将来的に50%まで高めるとしている。このほか、三菱電機もパワー半導体の一種である「IGBTモジュール」の増産体制を整える。

 パワー半導体以外では、積層セラミックコンデンサー(MLCC)も注目分野の一つだ。EVやハイブリッド車(HV)に組み込む電子部品が高性能化すると、電子回路に用いられるコンデンサーの数が急増する。中でも耐熱性の高いMLCCの需要が増えると見られているが、村田製作所が世界シェアでトップ、太陽誘電やTDKも上位に位置している。

(和島英樹・経済ジャーナリスト)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事