テクノロジーガソリン車 ゼロ時代

成長分野1 パワー半導体 2030年に4兆円市場 東芝、富士電機が巨額投資=和島英樹

    世界シェア上位には日本企業が多い(Bloomberg、共同通信)
    世界シェア上位には日本企業が多い(Bloomberg、共同通信)

     電気自動車(EV)シフトで高成長が期待できるパワー半導体は、電力(直流と交流)や電圧の変換などに使われる。高い電圧、大きな電流を扱っても壊れない構造を持っており、EV向けには、主にモーターの制御が用途として挙げられる。モーターを低速から高速まで高精度で回すことでEVの性能を上げるだけでなく、効率よく動かすことで省エネ・省電力化にもつながる。

     富士経済の予測では、世界のパワー半導体市場は2019年の2兆9141億円に対し、20年以降は、自動車、電装分野と鉄道車両分野向けを中心に需要が拡大し、30年には4兆2652億円に達する(図)。また、仏ヨール・ディベロプメントの調査によれば、19年のパワー半導体の世界売上高は独インフィニオン・テクノロジーズが約35億ドル(約3600億円)と圧倒的で、2位は米オン・セミコンダクターで約20億ドルとな…

    残り790文字(全文1162文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事