資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

宇宙の始まり「ビッグバン」 実は正しかった“大ボラ”の説/37 

 宇宙は今から138億年前、何も物質がない「無」の空間に誕生した。その宇宙はできたとたん急激に膨張し、誕生からごく短い時間の後に大爆発した。「ビッグバン」と呼ばれる現象だが、一人の“大ボラふき”の説から始まった。「話は大きいほうがおもしろい」というのは世の常だが、変人科学者が常識を覆す壮大な仮説を提出したのである。

 米物理学者ガモフ(1904~1968年)は1940年代、宇宙は超高温・超高密度の火の玉から始まったという説を出した。「一つの火の玉がはじけて開始する」という考え方は、宇宙は永遠不変の定常的なものという当時の常識からかけ離れていた。あまりにも荒唐無稽(むけい)であったため、ライバルの物理学者ホイルから「ビッグバン」(でたらめの大ボラふき)と揶揄(やゆ)された。

残り861文字(全文1200文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事