教養・歴史書評

コロナ禍の次は貧困対策 待ったなしの現実ルポ=ブレイディみかこ

 コロナ感染拡大による「医療危機」の問題が日夜メディアで報じられている。が、人の命がかかっている点ではまったく同じはずの緊急事態時の「福祉危機」については、あまり報道されない。なぜだろう。『コロナ禍の東京を駆ける 緊急事態宣言下の困窮者支援日記』(稲葉剛、小林美穂子、和田靜香編、岩波書店、1900円)の編者、小林美穂子さんはこう書いている。「福祉は崩壊したのではなく、そもそも形すら無かったのかもしれない」。

 コロナ禍は、そのホラーな現実の蓋(ふた)を開けた。このご時世、「貧困なんて他人事」と言い切れるのはよっぽどのオプティミストか富裕層と思われる。同書には誰もが読んでおくべき日本の福祉の実態が書かれている。

残り1089文字(全文1396文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事