国際・政治ワシントンDC

共和党でも反トランプ 人気のメリーランド州知事=溝口健一郎

    自叙伝『スティル・スタンディング』(筆者撮影)
    自叙伝『スティル・スタンディング』(筆者撮影)

     米国では、州政府は独立した行政・立法・司法の機能を持ち、知事は強い権限を持っている。筆者が住むメリーランド州のホーガン知事は、独自の対策で全米に知られている。知事は、メリーランド州に感染者が一人も確認されていない2020年1月の段階で対策チームを設置し、コロナ対応の体制を整え、連邦政府に対して検査キットや感染予防用具の提供を求めた。しかし、あまりに遅い連邦政府の対応に業を煮やし、単独での検査キット調達を決意。4月には韓国から50万キットの緊急輸入が実現した。

     この実現には、夫人の貢献があった。04年に結婚したユミ夫人は韓国からの移民。夫婦での韓国訪問時には、歓声の中迎えられ、文在(ムンジェイン)寅大統領からメッセージも届く。そのユミ夫人が在米韓国大使との調達交渉にも同席し、検査キットの緊急輸入をサポートした。残念ながら、最初に到着したキットは米国の安全基準を満たしておらず、別製品を再輸入することになってしまったが。

    残り949文字(全文1363文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事