教養・歴史書評

中国史理解に格好の素材 女傑も多い歴史ドラマ=加藤徹

     テレビの歴史ドラマはあなどれない。日本人の日本史に対するイメージは、大河ドラマや時代劇の影響が大きい。織田信長も、昭和・平成のドラマでは合理的な革新者として描かれたが、令和の「麒麟がくる」(NHK)では、近年の歴史学の研究成果を反映し、帝を慕い朝廷の仲介に頼る中世的性格が強調された。

     中国でも、ドラマは歴史観の変化を敏感に映す鏡だ。共同通信は1月18日、「中国、始皇帝ドラマが物議 『暴君礼賛』に懸念の声」というニュースを配信した。国営中央テレビの歴史ドラマ「大秦賦」は、激しい言論弾圧を行い強権政治で中国の統一を維持した始皇帝を、英雄的に描く。これを「歴史の美化」「習近平指導部による集権を正当化する狙いではないか」と懸念する声もある。

     現代中国の庶民は中国史をどう理解しているのか。政府はどう宣伝しようとしているのか。中国の歴史ドラマを知る必要がある。

    残り553文字(全文933文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事