教養・歴史書評

『医療の外れで』 木村映里著 晶文社 1600円

    『医療の外れで』 木村映里著 晶文社 1600円

     性的少数者にシングルマザー、風俗で働く人、生活保護受給者……。医療とは、誰でも苦しいときに受けられるものであるはずが、社会から排除されがちな人々は医療者の心ない対応に傷つき、遠ざかる。仕事に就いて6年目の看護師が、負荷の高い現場とプライベートでの出会い、自身の傷多き人生を行き来しながら、医療者と患者双方の思いの背景を丹念に綴った。感情にも正しさにも寄りかからず考え続ける姿勢は、社会の分断をとどめる錨(いかり)だ。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事