週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

インフレ加速必至の米経済=市岡繁男

     米国の消費全体に占めるサービス支出の割合が低下する一方で、耐久財への支出は大幅増となっている。人々は政府の景気刺激マネーと外食などの支出減で浮いたお金をモノに振り向けているのだ。だが、コロナ禍の影響で工場や物流の稼働率が低下。こうしたなか、財への需要が急増したので、原材料や製品の値上がりが広範に起きている。

     米サプライマネジメント協会(ISM)は300社超の製造業企業に、「新規受注、価格(仕入れと販売)」などに関するアンケートを行い、結果を指数化している。数値が50を上回ると景気拡大、下回ると景気後退と判定されるが、1月の景況感指数は8カ月連続の景気拡大だった。

    残り294文字(全文579文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事