経済・企業注目の特集

100周年は2943社 今年の周年企業13万9296社 コロナ禍に負けない企業群を追う=高市侑

100周年を迎えるコマツの小川啓之CEO
100周年を迎えるコマツの小川啓之CEO

 オリンピックイヤーとして、また多くの企業にとって一つの節目を迎えるはずであった2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、ヒトや企業の活動が大きく制限される年となった。

 昨年2月に初めて発生した新型コロナの影響を受けた倒産(法的整理または事業停止、負債1000万円未満・個人事業者含む)は、これまで全国で1000件(21年2月5日時点)確認されており、21年に入ってもその勢いが止まる兆しは見通せない状況にある。

 今日まで存続している企業の中には長い社歴を持ち、戦争や災害、経済危機など幾多の困難を乗り越えてきた企業も多い。この困難なコロナ禍の時代をどう乗り越えていくか。節目の年を機に、自社の歴史に立ち返ることで、改めて学ぶこともあるだろう。

残り2891文字(全文3218文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事