経済・企業急成長! 水素・電池・アンモニア

Interview 塩沢文朗 「石炭火力発電で20%混焼ならアンモニア1000万トン必要」

     政府でアンモニア発電の研究に携わった塩沢氏は、日本に技術優位性があり、海外市場にも拡大できると指摘する。

    (聞き手=和田肇・編集部)

    ── 内閣府のアンモニア燃焼研究では、どのような成果が得られたか。

    ■アンモニアを発電用燃料に使うには、二つの課題があった。一つは、アンモニアは火が付きにくいので、燃焼器(バーナー)の中で安定的に燃焼できるか。もう一つは、アンモニアは分子に窒素を含むので、燃やすと大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)が大量に出るのではないかという懸念だ。

     火が付きにくい点は「スワールバーナー」という空気を旋回させて燃やす技術を使い克服した。NOxは元々アンモニアには還元効果があるので、アンモニアを燃焼させた時に、燃焼気体中のアンモニアをややリッチ(含有量多め)な状態に制御することで、生成するNOxを還元して排出を抑えられることが分かった。

    残り840文字(全文1220文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事