週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第132話 戦時のウォール街=板谷敏彦

    (前号まで)

     欧州大戦特需によって日本の貿易収支は黒字に転じ長年の正貨問題は霧消した。政界では大隈首相が辞意を表明、寺内正毅率いる「超然内閣」が発足する。

     大正4(1915)年5月9日、袁世凱は日本から最後通牒(つうちょう)を突きつけられて対華二十一カ条要求を受け入れた。それから少し経った6月22日、袁はこれに対抗して大統領令として懲弁国賊条例を公布した。

     これは外国人と不動産貸借等を含む商工上の契約を行い自国の利益を優先させない者に対して銃殺刑に処すと定めたもので、対華二十一カ条要求を空文化させる狙いのものだった。

    残り2478文字(全文2739文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事