教養・歴史書評

格差社会を「趣味」で分析 難解な大著の水先案内本=本村凌二

     現代史を語るには、しばしば生々しい史料そのままを読み解く手がかりとなる理論がいる。どのような理論を指針とするかは、歴史叙述に決定的な影響をおよぼす。

     20世紀後半の卓越した社会学者ブルデューの邦訳本は藤原書店から30冊近く刊行されている。なかでも主著といえば『ディスタンクシオン』であることに異論はない。だが、一読了解とはいかず、訳者の石井洋二郎『ブルデュー「ディスタンクシオン」講義』(藤原書店、2500円)は大著を読み解きながら、ほどよい案内役をはたしてくれる。

     大著は、ひとまず「趣味と階級とのあいだには密接な関係がある」ことを解明しようとする。たとえば、同じ職業にあり、同等の文化資本にあずかっていても、名家のブルジョア家庭で育ち自然に身につけた者と努力し勉強して身につけた者とでは差異があるという。前者は古参の「文化貴族」であり、後者は新参の「成り上がり者」として区別される。

    残り485文字(全文879文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事