教養・歴史書評

「色覚異常」の著者が探る 時に痛快なノンフィクション=高部知子

    ×月×日

     コロナ禍になってカミュの『ペスト』が売れているらしい。分かるなぁ。感染症に対峙(たいじ)した物語としてもそうだが、強烈に生死を意識してしまうことについてのカミュの実存主義も、こんな時代だからこそ改めて読み直してみたい衝動に駆られる。緊急事態宣言下のステイホームは、コタツで時々居眠りしながら大作に手を出すことができてしまう。

     今日選んだ本は『「色のふしぎ」と不思議な社会 2020年代の「色覚」原論』(川端裕人著、筑摩書房、1900円)。色の見え方に多方面から言及したノンフィクションだ。

    残り1096文字(全文1345文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事