教養・歴史書評

広島大の2人がタッグ 実践で役立つ故事成語=加藤徹

 佐藤利行・越智光夫著『蝴蝶は夢なのか 知っておきたい中国故事』(中央公論新社、1200円)は、中国の故事成語31句を熱く、分かりやすく語る。

 佐藤氏は広島大学の副学長で漢文学者。越智氏は同・学長で、三次元自家培養軟骨移植の開発などでも有名な外科医。21世紀の世界で戦える大学を作るため大胆な改革を行ってきた両著者が、現代人に役立つ故事成語を選び、実践的見地から語る。成語の出典は『論語』『孟子』『老子』『荘子』『韓非子』『戦国策』その他、日本の漢文教育で常連の王道の古典である。

 本書の記述スタイルは、まず故事成語と、出典の原漢文の読み下し文を掲げる。次に、訳文と、その成語が生まれた時代背景を解説する。その後、その故事成語の知恵を巡る越智氏と佐藤氏のミニ対談が続く。

残り593文字(全文928文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事