投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

無償アフターサービス活用を/86 

工事不良ではがれたタイル 著者提供
工事不良ではがれたタイル 著者提供

 新築マンションを買った後は、売り主による「無償のアフターサービス」を最大限活用したいところ。川崎市の「パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー」では2年のアフターサービスで総額1億3000万円相当の無償修繕を勝ち取っている。

 建物というものは、引き渡しをもって完成品だとは思わず、住みながら完成品に近づけていくものだと考えておいたほうがいい。決定的な欠陥があるケースはまれだが、建物はあくまで多くの職人の手作りである以上、工事の不良は一定程度起こる。売り主もそれを分かっているがゆえに、アフターサービスの期間を設けている。

 このアフターサービスについては、専有部は住民がおのおの要望を出すが、屋上、外壁、廊下、階段、エレベーターにある設備機器などの共用部分については、どうしても見逃しがちになる。

残り1051文字(全文1399文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事