週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第134話 西原借款=板谷敏彦

    (前号まで)

     欧州大戦は膠着(こうちゃく)する。国内では政友会と憲政会の対立が続く。加藤高明率いる憲政会が内閣不信任案を提出、政党人を排した寺内超然内閣が揺らぎ始めている。

     西暦1840年の英国によるアヘン戦争から始まった列強による中国植民地化の動きも、清朝末期からその手法に変化が出てきた。

     アヘン戦争時に列強が欲したものは、交易ができる港だった。テクノロジーの最先端は蒸気船だった。しかし折から鉄道が発達してくると、鉄道とその周辺の農業、鉱工業などの産業支配が重要になってくる。権益が点から線へと変わってきた。

     列強は狙った地域の鉄道を支配するためにそれぞれが鉄道借款を行い、中国領内の鉄道の権益を確保するようになった。日本が日露戦争でロシアから租借権を譲渡された満鉄(南満州鉄道)などはその典型である。

    残り2498文字(全文2852文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事