教養・歴史アートな時間

映画 狼をさがして 加害を憎むも、自らも加害者に 日本現代史の闇に韓国作家が挑む=寺脇研

     東アジア反日武装戦線。なんとも物騒で古めかしい名称だ。若い方々は、韓国や中国の過激組織と思ってしまうのではないか。だが、これはれっきとした日本国内の日本人による活動なのである。1970年代半ば、資本主義打倒の革命を目指す爆弾闘争を行い、大企業を狙う連続爆破事件を起こした。

     なぜ、メンバーである9人の若者はそんな活動に走ったのか。そして、彼らは半世紀近い後の今、己の過去をどう見ているのか。そんな秘められた歴史に迫るのが、このドキュメンタリーなのだ。コードネーム「狼」を中心に「大地の牙」「さそり」とそれぞれ自称した3チームで闘った足跡を「さがす」のがタイトルの由来でもある。

     犯人たちのほとんどは75年に一斉検挙された。だが、日本赤軍による同年のクアラルンプール人質事件、77年のダッカ日航機ハイジャック事件の「超法規的措置」で3人が釈放され国外脱出、1人は取り調べ中に自殺、2人は逮捕を逃れ潜伏逃亡と波乱の展開が続く。

    残り810文字(全文1222文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事