国際・政治東奔政走

復興、コロナ「国頼み」は限界 住民主導が力示した震災10年=人羅格

住民主導で集団移住した宮城県東松島市あおい地区(手前)。脱「国主導」のヒントとなるか
住民主導で集団移住した宮城県東松島市あおい地区(手前)。脱「国主導」のヒントとなるか

 菅内閣の迷走は加速の一途をたどっている。総務省幹部への接待問題は、今度はNTTにまで飛び火した。

 もともと無理筋だった早期解散は、いよいよ難しくなった。ポイントは秋の段階で、菅義偉首相に自民党総裁選と衆院選を乗り切る体力が残されているかだろう。

「小池主導」の延長

 緊急事態宣言の全面解除問題は結局、東京圏1都3県の2週間延長で落ち着いた。

 首相としては3月7日の期限をもって宣言を解除し、成果を強調したい局面だった。だが、小池百合子東京都知事は解除に慎重姿勢をにじませ、外堀を埋められた。

残り1779文字(全文2024文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事