教養・歴史不動産コンサル長嶋修の一棟両断

建物状況調査の重要性認識を/87

 マンション廊下のひび割れも、アフターサービス期間内ならタダで補修できる。

 神奈川県内のあるマンション管理組合の理事長を務める加藤さん(仮名)は、築1年目に見つかった共用部分のひび割れなどについて、売り主から詳しい説明なしに「すべて保証対象外」と補修を拒否され続けて困っていた。そこで2年目のアフターサービス期間が切れる前に、管理組合の総会決議を経てインスペクション(建物状況調査)を導入。その結果を売り主に提示したところ、ひび割れの原因は工事の初期不良があることがわかり、売り主にすべて補修してもらえた。

 また、さいたま市内のあるマンションで、近隣のマンションで外壁タイルが剥落する事故があったため、アフターサービス保証期限前にタイル全般のインスペクションを理事会で検討。調査の結果、広範囲にわたってタイルの浮きがあることが判明した。売り主に報告書を提示するとともに原因究明を依頼した結果、新築時の工事不良によってタイルが浮いていたことが発覚。売り主の費用負担ですべての工事不良タイルを張り替えた。「今回…

残り930文字(全文1383文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事