教養・歴史書評

差別、搾取される女性が「はしたなく」声を上げた=ブレイディみかこ

    ×月×日

    「お金の話をするなんて、はしたない」

     こんな風潮のある国から英国に渡ったとき、「この人たちは恥ずかしげもなく人前でガンガンお金の話をするなー」と思ったものだった。

     が、彼らが金の話をするのは、自分だけ不当にだまされていたら嫌だからだとわかるようになった。ということは、人前で金の話をさせない風潮は、搾取する側に有利なのだ。そして多くの場合、「はしたない」という言葉は、女性に対して使われる。

    『失われた賃金を求めて』(イ・ミンギョン著、小山内園子・すんみ訳、タバブックス、1700円)によれば、現在、女性は世界で人間に必要な労働の66%を行いながら、地球上で得られる収入の10%しかもらっていない。これは「はしたないお金の話をしましょう」という本だ。女性たちはもう、高等遊民みたいに失われた時とかを求めてぼんやりしている場合じゃないのである。

    残り961文字(全文1335文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事