教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

東日本大震災10年/4 巨大地震が誘発する富士山噴火/46

     東日本大震災のようなマグニチュード(M)9クラスの巨大地震が発生すると、活火山の噴火を誘発することがある。地盤にかかっている力が変化した結果、マグマの動きが活発になるからだ。かつて富士山では南海トラフ巨大地震によって噴火が誘発された。それが、江戸時代の1707年に起きた宝永噴火であり、富士山では最も新しい噴火でもある。

     宝永噴火の前に太平洋沖で二つの巨大地震が起きた。まず、1703年に元禄関東地震(M8・2)が発生し、南関東一円に大きな被害を与えた。直後に起きた津波による死者を合わせると1万人以上の犠牲者が出たとされる。

    残り922文字(全文1186文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事