【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

「模倣大国」から「技術強国」へ 基礎研究強化で“転換”狙う=真家陽一

ファーウェイの国際特許出願数は4年連続で世界首位だ(Bloomberg)
ファーウェイの国際特許出願数は4年連続で世界首位だ(Bloomberg)

「有人宇宙飛行、月面探査、深海プロジェクト、スーパーコンピューター、量子情報などの分野で大きな成果を収めた」。李克強首相は3月5日に開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の政府活動報告で、第13次5カ年計画期(2016~20年)の科学技術分野の実績を評価した。

特許出願数トップ

 米中対立の激化を背景に、中国は科学技術の「自力更生」の道を模索する。「新冷戦」とも称される米中対立の本質は「ハイテク産業を巡る大国間の覇権争い」であり、米国は中国による知的財産侵害を問題視し、輸出管理と投資に関わる規制を強化している。

 実際、中国の知的財産侵害問題はいまだ深刻だ。例えば、国際協力銀行(JBIC)が今年1月に公表した調査では、海外事業展開の課題に「知的財産権の保護」を挙げた企業の割合は、国・地域別では中国が37・2%でトップだった。また、特許庁が2月に公表した「模倣被害実態調査報告書」では、模倣品の製造国、販売提供国が中国と回答した企業数はそれぞれ4893社、4015社となり、いずれも最多であった。

残り870文字(全文1323文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事