国際・政治東奔政走

訪米で保守層つなぎ留め狙う 「菅再選」へ対中姿勢転換=伊藤智永

新型コロナウイルスの感染再拡大の状況によっては支持率は「危険水域」を割りかねない(首相官邸で3月18日)
新型コロナウイルスの感染再拡大の状況によっては支持率は「危険水域」を割りかねない(首相官邸で3月18日)

 新型コロナウイルス感染拡大の緊急事態宣言解除を決めた菅義偉首相は、国会でも記者会見でも無理に作った笑顔が目に付いた。

「本当に解除して大丈夫なんだろうか。(再拡大への)懸念・不安・不信が広がっている」

 解除に反対する立憲民主党・蓮舫代表代行の国会質問に、菅首相はやけに元気よく答えた。

「そこは大丈夫だと思っている。ただ、これでいいとは思わない。(感染者数が)横ばい、微増なのも事実。何としてもリバウンド(再拡大)は防ぎたい」

 懸念はあっても解除する、大丈夫でないのに言葉だけは大丈夫と言っているわけだ。記者会見でも威勢のいい言葉を並べた。

残り1813文字(全文2082文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事