国際・政治東奔政走

「民主国家対中国」の最前線 首相訪米で問われる覚悟=平田崇浩

オンライン形式で行われた日米豪印の首脳会談「クアッド」。民主主義国の連携は中国の孤立を印象付けた(首相官邸で3月12日)(Bloomberg)
オンライン形式で行われた日米豪印の首脳会談「クアッド」。民主主義国の連携は中国の孤立を印象付けた(首相官邸で3月12日)(Bloomberg)

 台頭する中国を巡る「新冷戦」の構図は「米中対立」から「民主国家対中国」へと拡大した。問題は地政学的に日本がその最前線に置かれていることだ。内閣支持率が低迷する中、東京オリンピック・パラリンピックの開催にきゅうきゅうとしている菅義偉政権に世界史的な潮流の激変と向き合う準備や覚悟があるのだろうか。

 21世紀前半という時代がバイデン米政権に要請したのは、新冷戦の構図を確定させる役割なのかもしれない。バイデン新大統領は就任早々、中国の人権問題を重視する姿勢を打ち出し、自由と民主主義を基調とする戦後国際秩序に挑戦する中国を安全保障上の脅威とみなし、同盟国や友好国との連携強化を推し進める。

 米政権のメッセージに呼応した欧州連合(EU)と英国は中国新疆ウイグル自治区の人権弾圧に制裁を科した。EUは昨年末に中国との投資協定に合意するなど、これまで中国との経済関係を重視する姿勢だったが、新冷戦で米側にくみする立場を鮮明にした。

残り1702文字(全文2113文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事