投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

浸水被害は都市内陸でも/89

     今年2月、東日本で発生した低気圧は各所に大雨をもたらし、東京都や千葉県の一部で鉄道がストップしたり、道路が冠水したりした。

     こうした都市型の浸水被害は過去に内陸部で多数起きている。1999年に東京・新宿区ですさまじい集中豪雨によって住宅地が冠水し、男性が水没した地下室に閉じ込められて死亡した。外階段のドアは水圧で開かず、エレベーターも浸水で動かなかったという。また、2005年には東京・杉並区で集中豪雨により、内水氾濫と河川の氾濫による水害が発生して大きな被害をもたらした。

    残り1009文字(全文1248文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事