教養・歴史書評

ウイグル族弾圧の実態 奇跡の生還者が吐露=楊逸

×月×日

 公園の木は淡いピンクにもえてきてウキウキ。それを眺めながら散歩するのがほんとに楽しい。

『命がけの証言』(清水ともみ、楊海英著、ワック、1200円)を読む。

 中国の新疆ウイグル自治区に「再教育施設(職業技能教育訓練センター)」なる「強制収容所」が存在し、これまでに100万人以上のイスラム信仰のウイグル人が拘束された。ナチスの「アウシュビッツ」に匹敵するそんな「施設」から生還した6人の悲惨な体験を、日本人の著者が漫画に描いた。

「海外にいたウイグル人に警察から帰国命令が出て、空港に到着したところで逮捕拘束された。そうして収容される施設の通気口からは異臭がし、隣の土地にはなぜか大きな穴が掘られていたり、巨大な焼却炉が建設されている」

残り948文字(全文1269文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事