教養・歴史書評

当事者性の徹底追求で非当事者の特性も顕在=荻上チキ

×月×日

 臨床心理や、何らかの障害・困難にある当事者の生きづらさについて学ぶ「当事者研究」。そうした本を好んで読むのだけれど、この読書体験はすこぶる豊かに感じる。自分とは違う他人を理解しようとするための技法を提供してくれるだけでなく、自分がこれまで、どのように人と接してきたかという、その思想性を転換させられるため。

 特定の障害や疾病の当事者だけでなく、その当事者性への追求を通じて、「当事者でない人」とされてきた人の特性さえもあぶり出されていく。そんな本と、また、2冊出会った。『発達系女子とモラハラ男』(鈴木大介著、漫画/いのうえさきこ、晶文社、1650円)は、高次脳機能障害になった著者と、発達障害のあるパートナーとの日常をつづった漫画付きエッセー。「片付けられない」「話をまとめられない」「疲れやすい」といっ…

残り1028文字(全文1386文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事