【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

舞台 劇団東演「血を売る男」 激動の中国現代史背景 普遍性奏でる家族の話=濱田元子

劇団東演「兄弟」の一場面 成毛彰浩撮影
劇団東演「兄弟」の一場面 成毛彰浩撮影

 家族とは? 血のつながりとは? 激動の中国現代史の中で、「血」を巡って葛藤し、必死の思いで生き抜いていく家族の物語である。

 原作は中国を代表するベストセラー作家の一人、余華(ユイホア)の小説『血を売る男』(河出書房新社、飯塚容訳)。韓国では2015年、舞台を韓国に置き換えて映画化され、「いつか家族に」の邦題で日本でも公開された。

 余華は1960年、杭州生まれ。張芸謀(チャンイーモウ)監督によって映画化され、カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した長編小説『活きる』や、米ニューヨーク・タイムズ紙など海外メディアで発表した評論を集めたエッセー集『中国では書けない中国の話』(河出書房新社、飯塚容訳)などで世界的に知られる。中国では莫言(モーイエン)に続くノーベル文学賞候補としての呼び声も高い。

残り943文字(全文1291文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事