投資・運用不動産コンサル長嶋修の一棟両断

「狭小住宅」の設計施工に注意/91

    リビングダイニングや水回りに加えて2~3の居室が設けられ、比較的リーズナブルに購入できる狭小住宅 (出所)編集部作成
    リビングダイニングや水回りに加えて2~3の居室が設けられ、比較的リーズナブルに購入できる狭小住宅 (出所)編集部作成

     東京23区内を中心に、コンパクトな土地に建てられる「狭小住宅」が増えている。土地の面積や建物のワンフロアの面積は小さくとも、3フロアに積み重ねることで、リビングダイニングや水まわりに加えて2~3の居室が設けられ、比較的リーズナブルに一戸建てが購入できる。

     しかし、コンパクトな土地で木造3階建てにする場合、設計や施工にイレギュラーなことが起きることもある。

     まず、床下空間が狭くなりやすい。居住空間をできるだけ広くしようとすれば、どうしてもそれ以外にしわ寄せが来る。一般的な一戸建ては、床下空間は30センチ以上の高さで設計されることが多いのに対し、狭小住宅は、10センチや15センチなどの高さで床下が設計されていることも珍しくはない。こうなると物理的に人が床下空間に入ることは不可能で、配管の水漏れ事故が発生したり、床裏に張られた断熱材がはがれていたりして…

    残り993文字(全文1372文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事