資源・エネルギー注目の特集

FCV普及などで需要増 最高値更新の日も遠くない=江守哲

昨年11月以降に上昇が加速したプラチナ価格 (Bloomberg)
昨年11月以降に上昇が加速したプラチナ価格 (Bloomberg)

 プラチナ価格の上昇基調が続いている。新型コロナウイルスの影響で2020年には一時1トロイオンス=558ドルまで急落する場面もあったが、その後は順調に回復し、コロナ前の高値である1024・80ドルも上回ってきた。さらに新型コロナワクチンへの期待感などで昨年11月以降は上昇が加速。2月には、プラチナ価格はコロナショック時の安値の約2・3倍となる1306・62ドルの高値を付けるなど、強さを見せている。

 筆者が動きを見ている主要資産の騰落率(年初~3月24日時点)では、プラチナは石油関連、銅・アルミなどの非鉄に次いで高い上昇率となった。今後のプラチナ相場はどうなっていくのか。有望な投資先となるのか──分析する。

残り2098文字(全文2404文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事