週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第139話 深井パリへ=板谷敏彦

    (前号まで)

     華族ではない無爵の平民宰相、日本初の本格的な政党内閣として原内閣が発足、是清は大蔵大臣に就任する。1カ月後ドイツ軍が休戦協定を受諾、4年にわたる欧州大戦が終結した。

     大正7(1918)年11月、日本銀行理事の深井英五は、赤坂表町の是清の家を訪ねた。

     深井もすでに46歳、日露戦争時の出張以降も深井はたびたび個人的に是清のもとを訪ねていた。だが今回の深井はパリ講和会議の日本全権団の一人として訪れた。大蔵大臣の監督下にある日本銀行の理事として業務の一環である。

    「大臣、今回の主張に際して、私が心得るべきことをご指示願います」

    残り2467文字(全文2735文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事