週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第140話 パリ講和会議=板谷敏彦

    (前号まで)

     ニューヨークでクーン・ローブ商会のヤコブ・シフらと旧交をあたためた深井英五は、日本全権団の一人としてパリに向かうが、講和会議開始早々スペイン風邪に罹患(りかん)してしまう。

     大正8(1919)年1月から始まったパリ講和会議には、世界人口の4分3をカバーする33カ国が集まった。ただしドイツなど敗戦国は参加を許されていない。

     この会議に先立つこと約1年前、ウィルソン大統領は米国議会で欧州大戦終了後の世界の設計図ともいえる「14カ条の平和原則」を発表した。

    残り2604文字(全文2838文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事