週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第140話 パリ講和会議=板谷敏彦

    (前号まで)

     ニューヨークでクーン・ローブ商会のヤコブ・シフらと旧交をあたためた深井英五は、日本全権団の一人としてパリに向かうが、講和会議開始早々スペイン風邪に罹患(りかん)してしまう。

     大正8(1919)年1月から始まったパリ講和会議には、世界人口の4分3をカバーする33カ国が集まった。ただしドイツなど敗戦国は参加を許されていない。

     この会議に先立つこと約1年前、ウィルソン大統領は米国議会で欧州大戦終了後の世界の設計図ともいえる「14カ条の平和原則」を発表した。

    残り2604文字(全文2838文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事