教養・歴史著者に聞く

『ベネズエラ』 著者・坂口安紀さん

     ◆著者 坂口安紀さん(ベネズエラ研究者)

    ベネズエラの民主主義は20年でじわじわと溶けた

     かつて「南米の優等生」だったベネズエラ。豊富な石油を持ちながら近年、国民は物資不足に苦しみ、国民の1割以上も国外へ脱出している。

    「20年かけて民主主義がじわじわと溶けていきました。選挙や国会、裁判所といった制度は形だけ残り、大統領の思い通りに動く政治体制が出来上がっています。クーデターのように分かりやすい脅威とも違い、気づいたら後戻りのできない“溶解”が民主主義には起きるのです」

     1990年にラテンアメリカ研究を志して入った研究所で、担当国に割り当てられたのがベネズエラだ。それまで南米の国々は軍事政権とハイパーインフレが定番だったが、ベネズエラは2大政党制のもと国家財政は石油に支えられ、研究上は面白味のない国だとみなされていた。

    残り953文字(全文1316文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事