教養・歴史著者に聞く

意識を変え、法整備も 古建築保存の貴重な経緯=今谷明

 現存する日本の古建築の種々層を伝える新書が、期せずして2件、ほぼ同時に刊行された。一つは物件別に東西地域に両分してそれぞれの建物の来歴、建設事情を説明する『絶品・日本の歴史建築』(磯達雄、宮沢洋著 西日本編=1045円、東日本編=1320円、日経プレミアシリーズ)。もう一つは光井渉著『日本の歴史的建造物 社寺・城郭・近代建築の保存と活用』(中公新書、990円)である。今回は主として後者を紹介する。

 光井渉氏は建築史の専門家で、文化財行政にも携わり、現在東京芸術大学で“美術”としての古建築を教授されている学者である。

残り637文字(全文898文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事