教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

地表の7割を覆う玄武岩 「枕状溶岩」で分かる地球の過去/50

静岡県大崩海岸に露出する1600万年前に噴出した枕状溶岩 筆者撮影
静岡県大崩海岸に露出する1600万年前に噴出した枕状溶岩 筆者撮影

 地球上で一番広い面積を覆う岩石は、玄武岩と呼ばれる黒っぽい色の火山岩である。地表の7割は海、また3割は陸からなるが、海底の岩盤はすべてこの玄武岩でできている。例えば、太平洋や大西洋の深海底にある「中央海嶺(かいれい)」では、玄武岩が大量に噴出して「地殻」を作っている。

 玄武岩は陸上にも見られ、上面が平坦(へいたん)な「溶岩台地」を作っている。インドのデカン高原、北アメリカのコロンビア川流域、南アメリカのパタゴニア地方などが有名だ。

 日本では、兵庫県の玄武洞、佐賀県の唐津、富士山などに広く玄武岩が存在する。玄武岩は地上に噴出すると薄く広がる性質があり、富士山の美しい円すい形はこうしてできた。さらに火星や金星にも多量に存在し、月の表面で黒くみえる部分は玄武岩の溶岩が流れた跡である。

残り953文字(全文1297文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事