国際・政治東奔政走

「追い込まれ解散」に焦りなし 与党の関心は「菅おろし」の有無=中田卓二

    衆院解散について菅義偉首相の親中は?(首相官邸で3月5日、代表撮影)
    衆院解散について菅義偉首相の親中は?(首相官邸で3月5日、代表撮影)

     新型コロナウイルスの変異株が広がって「まん延防止等重点措置」が東京都などに追加適用され、菅義偉首相が4月に衆院解散に踏み切る可能性は消えた。解散権を行使するタイミングは次第に限られつつあるが、与党に不利とされる「追い込まれ解散」を菅首相が気にしている節はない。

    与党議席減のジンクス

     追い込まれ解散が政治に劇的な変化をもたらしたのは2009年の衆院選だ。前年9月に就任した麻生太郎首相(当時)は解散を先送りし続けたあげく、衆院議員の任期満了が迫った09年7月にようやく解散に踏み切った。09年8月の選挙で自民党は歴史的敗北を喫し、旧民主党政権が誕生したのは周知の通りだ。

     3年3カ月あまり後の12年12月に行われた衆院選では、逆に旧民主党が下野した。前段には、野田佳彦首相(当時)が自民党の安倍晋三総裁(同)との国会の党首討論で解散を「約束」するハプニングがあり、これも追い込まれ型の一つといえるだろう。

    残り1661文字(全文2063文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事